Hot Keyword!

注目の健康・美容キーワード

NHK「あさイチ」でも紹介

蓄積する日焼け「黄ぐすみ」の正体

さあ7月。紫外線が最も強くなる季節です。

 

NHKの『あさイチ』でも紹介された「黄ぐすみ」

紫外線で、日焼けやシミとは違う、肌が黄色くくすんでしまう現象です。

 

化粧品会社のアンケート調査では63%以上の人が、

黄ぐすみが多い肌の方が老けてみえると回答したそうです。

 

 

“…黄ぐすみは紫外線によって引き起こされますが、肌が赤くなったり黒くなったりする短期的な日焼けとは引き起こされるしくみが違うといいます。短期的な日焼けは紫外線が表皮に到達し、メラニンが作られて皮膚が黒くなります。しかし、表皮は生まれ変わりが早いので、4週間から6週間ほどで元の肌に戻ります。一方、黄ぐすみは、紫外線が、皮膚の奥の真皮(しんぴ)に到達し、その真皮のタンパク質が黄色くなって起こる現象です。表皮と違って真皮は生まれ変わりは10年単位とも言われるほど、とてもゆっくり。その間、紫外線を浴びれば浴びるほど肌の黄色みが増していく、いわば長期的に蓄積する日焼けといえます。”(『あさイチ』HPより)

 

ということは、大切なのは日焼け止め

 

“紫外線にはUVAという長い波とUVBという短い波がありますが、黄ぐすみの主な原因となっているのは、真皮(しんぴ)まで届くUVA。これを防ぐためにはまず、適切な日焼け止めを選ぶことが重要です。注目すべきはPAという表示です。A波をプロテクト、つまり防ぐパワーがあることを示しています。ちなみにこのプラスがたくさんついているほど効果が高い(最大で4プラス)のですが、皮膚科医の吉木伸子さんによれば、高いものを長時間使用するとかぶれなどのおそれもあることから、日常生活では2プラスや3プラスで十分だといいます。”(同上)

 

 

PAも、SPFも、数字の大きいものを選べば効果が高いという訳ではありません

エンビロンのラドローションは、

PAは++(2プラス)、SPFは16。

必要最低限です。(少ないけど必要量は満たしている。)

 

そこに抗酸化ビタミンが3種類…

ビタミンC、E,ベータカロチン。

 

万が一皮膚の中に紫外線が入ってしまったとしても、

このビタミンたちが細胞を守り、ダメージを与えさせません。

 

クレバーな日焼け止めクリーム

エンビロンのラドローションで黄ぐすみ対策を。

 

 

 

 

 

 


第14回日本抗加齢医学総会演題発表報告

アリュールはAケア協会に参加しています。

ビタミンAケアトリートメントを受けていただけるサロンです。